昨日のツイートまとめ(Twitter 2016.09.20)

スピーチライターの近藤圭太です。

以下昨日書いた、Twitterの内容。

「見識」という言葉をテーマにつぶやいてみた。

今回見識という言葉を「発見」したわけであるが、自分が数年来考えていたことを言い当てることができて非常に嬉しく思っている。

例えスピーチライターを使ったとしても、「自らの言葉」としての説得力を持つことは可能である。

今までよく「決断は誰人も代行できない。スピーチライターは、クライアントの最良の決断を行う後押しをする役目である」このようなことを書いてきた。

ただその「決断」を行うためには、普段からありとあらゆる方向で物事を考え、必然性のある答えを導き出していくためのプロセスが必要である。「見識」という言葉は今いった事柄を要約するのに最適な言葉ではないかと思う。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です