スピーチを成功させるための意訳版『孫子の兵法』 <3.謀攻篇>

スピーチライターの近藤圭太です。

中国の兵法書『孫子』をスピーチに携わるすべての方に参考にしてもらえるような形で意訳をしてみた。今回は三編目である。

賛否両論を含めてご意見をいただければ幸いである。

『孫子』に学ぶスピーチ成功法

3.謀攻篇

 およそスピーチの原則としては、世界を変えるというよりも、一人一人と対話するという思いで語り掛けるのが上策で、オーバーアクションな物言いでカリスマ的な存在感を示すのはそれに劣る。

 国を変えるというよりも、一人一人と対話するという思いで語り掛けるのが上策で、オーバーアクションな物言いでカリスマ的な存在感を示すのはそれに劣る。

 一つの地方や同じ業種の人たち、同じ団体に属している人を変えるというよりも、一人一人と対話するという思いで語り掛けるのが上策で、オーバーアクションな物言いでカリスマ的な存在感を示すのはそれに劣る。

 一つの町や限られたコミュニティに属している人を変えるというよりも、一人一人と対話するという思いで語り掛けるのが上策で、オーバーアクションな物言いでカリスマ的な存在感を示すのはそれに劣る。

 一方的な話で、「目の前の一人」を変えてやろうと意気込むよりも、まずはよく話を聞き、信頼関係のパイプを広げてから、誠意をもって語りかけるのが上策で、オーバーアクションな物言いでカリスマ的な存在感を示すのはそれに劣る。

 ゆえにスピーチを100回行って、そのすべてが「劇場型」の派手な話であることは素晴らしいことではない。失言と受け取られるリスクを最低限に抑え、その話をすることによって得られるリターンを、身の丈に合った形で一番高いところに持っていくのが、素晴らしいスピーチといえる。

 すなわち、素晴らしいスピーチはリスク回避を第一に置いた話であり、その次は聴衆が自分に対しては共感、ライバルやライバルになりうる人に疑問を持つような話をすることであり、その次は「あの人のことを言ってるんだな」と名前が浮かぶような話をすることであり、一番まずいのは名指しで人を非難することである。

 特定の人を非難するのは、他に方法がない場合にやむを得ずを行うものである。その場合もしっかりと理論武装した上で、起こりうる状況を予測し、どのような形で幕引きをするのかを準備した上で行わなければならない。

 その場の感情にまかせて、やみくもに人を非難することは、信頼を大いに失墜させ、しかもライバルは痛くも痒くもないということになる。これが、安易に人を非難することの害である。

 それゆえ、スピーチの上手な人はライバルより有利な立場に立ったとしても、あてつけや名指しや、ライバルの背後にいる人たちと大立ち回りをしたり、論争を長引かせたりはしない。必ず誰の名誉も失わない形で世間の信頼を得るのであり、そのため自分自身や仲間が疲弊しない形で、完全な利益が得られるのである。これがスピーチで自らの立場を有利な方向に持っていく原則である。

 そこでスピーチの原則としては、自分がライバルやライバルになりうる人よりも10倍有利と判断するのであれば、自分のフィールドで聴衆の興味を引く話を行い、5倍有利であれば、直接もしくは間接的なアプローチでウィークポイントを指摘する方向の話を行い、倍有利であれば、疑問を生じさせるような話を行い、同じであればよりきめの細かいアプローチで聴衆の関心を引くような話を行い、少なければライバルとぶつからないような題材の話を行い、勝ち目がないと判断するのであれば、スピーチ自体を行わない。カラ元気やハッタリだけのスピーチで、自らの立場を有利に持っていくのは無理である。

 スピーチライターはリーダーの参謀役である。

 参謀役がリーダーと緊密であれば、リーダー自身や率いる組織は必ず強くなるであろう。しかし双方の信頼関係が薄く、秘書などを通じた間接的なやりとりしかできないのであれば、リーダーの見識や経験に基づいたスピーチ原稿の作成が難しくなり、聴く人に違和感を感じさせる内容の話になる。ひいては苦しい立場に追い込まれてしまうであろう。

 そこでリーダーが、スピーチについて心配しなければならないことが3つある。第1には、十分に原稿のチェックをしないまま安易に完成の判断を下したり、反対に完成している原稿に「これも入れたい。あれも入れたい」と思いつきで追加の指示を出すことである。このような対応を「決断力のなさ」というのである。

 第2には、効果的な文章の組み立ての知識がないのに、ちゃぶ台をひっくり返すような指示を出すことである。

 第3には断片的なフレーズや美しい言い回しに酔ってしまい、全体のバランスを考えて提案する、スピーチライターの意見を無視することである。

 スピーチ原稿の良し悪しは、トータルで見なければならず、リーダーの思い込みや優柔不断な対応は、ライバルに隙を見せることに繋がる。このようなことを「自滅する」というのである。

 ゆえに、スピーチを成功させるために必要な事柄がある。

 第1には、踏み込んだ話をするときと、失言を回避するために地雷をすり抜ける話をする時がわかっているリーダーは成功する。

 第2にはスケールの大きい話と、きめの細かい話の効果的な使い方がわかっているリーダーは成功する。

 第3にはスピーチライター、スタッフや仲間と団結しているリーダーが成功する。

 第4には「自分は大丈夫だ」と油断して悠長に構えている相手をターゲットにした話をするリーダーは成功する。

 第5にはスピーチライターが優秀で、リーダーがそれに干渉しなければ成功する。

 だから、「ライバルやライバルになりうる人の事情と、自らの状況を理解している人は、100回スピーチを行っても危険はなく、相手のことを知らず、自分のことしか知らない人は成功したり失敗したりし、相手のことも自分のことも分かっていない人は、スピーチをするごとに失敗する」ということになる。

カテゴリー: スピーチを成功させるための意訳版『孫子の兵法』 パーマリンク

スピーチを成功させるための意訳版『孫子の兵法』 <3.謀攻篇> への1件のフィードバック

  1. 伊藤昭一 のコメント:

    なるほど。小説の題材の選び方にも共通するものがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です